初めて結婚式に招待された? こんなところに気をつけて

出席・欠席の意思を早く示そう

結婚式に招待されたあなたのところには、招待状が届いているはずです。返信用のハガキがついているはずなので、出席するのか欠席するのか、早めに意思表示をしましょう。新郎新婦は招待客の人数を早く確定させたいので、できるだけ早く意思表示するのが招待された側のマナーです。仮に欠席する場合は、お祝いの品を贈ったり、結婚式当日にお祝いの電報を送るのもよいでしょう。

ご祝儀の額はどうしよう?

結婚式に出席する場合、基本的に「ご祝儀」の持参が求められます。お祝いの気持ちを表すお金です。ご祝儀の金額に明確な決まりはなく、悩む人が多いポイントです。新郎新婦と自分の関係性でだいたいの金額が決まりますが、年長者に相談したり、ともに招待されている友人と金額を合わせたりして金額を決めましょう。

当日の服装はどうしよう?

結婚式にどんな服装で出席したらいいのか迷うかもしれません。男性の場合、黒または濃紺のスーツが定番です。冠婚葬祭用のスーツを持っていないなら、これを機会に1着用意しましょう。ワイシャツは白、ネクタイは白かシルバーが基本です。靴は黒の革靴がよいでしょう。女性の場合は服装に悩みそうです。結婚式ですから、華やかな服装でかまいませんが、新婦より目立つ服装は避けましょう。貸衣装を利用する場合、早めに業者に連絡することをおすすめします。結婚式が集中しやすい時期があり、その時期は貸衣装も在庫が減るからです。美容院に髪のセットを依頼する場合は、貸衣装を受け取る日程をふまえて予約を入れましょう。アクセサリーは真珠のものが無難です。

古都鎌倉のシンボルともいえる鶴岡八幡宮で結婚式の式場になるのは舞殿です。雅楽が流れるなか多くの観光客にも祝福される、忘れられない結婚式になります。