ウェディングドレスに合わせて選ぶ

キリスト教式の結婚式では、花嫁はウェディングドレスを着用します。白で統一された衣装を着るのが一般的で、ドレスにはいくつかの種類があります。ドレスの種類によって花嫁の見え方も違ってくるので、自分に合うもの、雰囲気に合うものを選ぶ必要があります。ウェディングドレスを着た花嫁がもつアイテムとしてあるのがブーケになります。結婚式の式場などが決まるようになると、ブーケをどうするかなども決めていく必要が出てきます。好みのものを選べば良さそうですが、せっかくなら見た目も気にしたいです。そこでドレスに合わせる方法を考えてみましょう。Aラインに合ったブーケ、プリンセスラインに合ったブーケなどがあります。ウェディングプランナーに相談してもいいかもしれません。

色々な形のブーケがある

結婚式においては、非常にたくさんの花が使われます。結婚式の見積もりをすると、花の費用が結構占めてくるので驚く人もいます。式場が用意するのではなく自分で用意しようとする人もいます。外部からの持ち込みは式場によって対応が異なるので事前に確認が必要です。結婚式の花の中でも重要な花としてブーケがあります。花嫁がてに持つ花で、花嫁の印象にも影響を与えます。一口にブーケと言ってもいくつかの形の種類があります。よく知られているのがラウンドブーケで丸い形にまとめられています。かわいらしさを表現したいときに良いかもしれません。少し楕円形をしたタイプがオーバルブーケで、ラウンドブーケよりもボリュームが出せます。キャスケードブーケはエレガントさを表現できます。

六本木の結婚式場では、少人数から100名以上の来場者でも対応してくれるので要望する結婚式を開催できます。